新郎新婦

素敵な結婚式場を見つける【プランと演出をチェックしよう】

文化にマッチ

神前式

日本ならではの衣装

最近は日本ならではの花嫁衣装を着て嫁ぎたいと願っている女性が、京都でも多くなっていて、和婚が京都でもブームになっています。京都は古の土地ですから結婚式も和の装いがとてもマッチします。和婚を中心としたウエデイングプランを提供している結婚式場もあります。すべてを白で統一した白無垢や、色鮮やかな打掛を羽織る色打掛、和婚のブームの引き金となった黒引き振袖、これらが挙式用の三大和装になっています。結婚式のときには挙式のときに和装で、披露宴では洋装へと着替えるケースが京都では多くなっていますが、白無垢から打掛だけを変えて色打掛で披露宴に臨むパターンも多くなっています。最近人気が上昇しているのが、新和装と呼ばれているものです。ドレス感覚で着られるモダンな装いと、洋髪をアレンジした華やかな髪形と合わせやすくなっていますので、人気になっています。和婚を行う結婚式場では、特にこの新和装に力を入れていて、日本の文化の中にも着ている服で自分を飾るといったコンセプトで、新和装を提案している結婚式場もあります。有名人がプロデユースした新和装の着物を利用したり、従来の色打掛にいろいろな工夫を凝らしたりしてファッション性があふれる結婚式を演出している結婚式場もあります。一生に一度このような新和装で自分を着飾ってみたいと思っている人も多くなってきていて、新和装で結婚式や披露宴をあげる和婚がとても注目を浴びてきています。